センター概要
オープンスペース
夕食会
プログラム
パソコン教室
スタッフ紹介

社会福祉法人 新樹会

 社会福祉法人新樹会は、昭和47年9月に日本で始めて精神障害回復者の授産施設としての「創造印刷」からスタートしました。当時、当法人の理事長が精神障害者の授産施設に関する法律が不十分な状況下で、創造印刷を立ち上げたのは精神障害回復者の生活の質をなんとか向上させたいという一念からです。そんな思いが新樹会の根底にある中、近年になり法律も整備され、現在では、平成10年1月、地域生活支援センター「希望ヶ丘」、平成12年4月、生活訓練施設援護寮「粋交舎」が加わり、総合的な精神障害者社会復帰施設として充実を図ることができました。心の健康と就労支援をめざす施設として新樹会が担う役割は地域から大きな期待が寄せられています。
私たちは、利用してくださった方が、自信をもって社会生活をしていかれるよう、日々努力してきたいと考えています。
創造印刷では、一般の印刷営利企業との競争の中で、広報誌を中心として名刺や葉書、住所録の作成、カレンダー、ポスター、文集、自費出版と、印刷に関するものすべてを承っています。
希望ヶ丘では、登録いただいた方は、何時にきても何時に帰ってもいい(AM9:00〜PM5:00)オープンスペースがあり、自宅から出てこられない方には、訪問活動も行っています。
粋交舎は、定員18名の生活訓練施設で、利用者の方が一人暮らしに慣れるための練習をしながら生活しています。


ご利用を希望される方は主治医の了解のもと申し込んでいただきます。提出していただく書類もございますので、まずはお電話にてご相談ください。
受 付 時 間:月〜土・午前9時〜午後5時
お問い合わせ先:042(443)9232
生活支援センター希望ヶ丘まで
その他、いろいろな相談に応じます。まずはどんな事でもいいのでお電話ください。